タカラ杉山社会福祉会ロゴ

将棋大会への助成

将棋大会を通じて高齢者が娯楽としての将棋を楽しみ、児童から高齢者までさまざまな年代と交流することによって、さらに元気になってもらい、豊かな人生を送ってもらうことを目的とする。

下記将棋大会は、毎年さまざまな年齢層から多数の参加者があり、地域交流の場として根付いている。
将棋は高齢者がグループで楽しめる趣味・娯楽であり、また、本将棋大会では高齢者のみならず、児童などさまざまな年齢層が参加するため、高齢者が若年層と交流できる貴重な機会となっている。

当法人が本将棋大会を助成することにより、高齢者の福祉の増進に寄与することを目的とする。

(1)事業内容

兵庫県内で年1回実施される将棋大会(尼崎近松賞地域交流将棋大会)へ年間20万円の助成を行う。

(2)第3回尼崎近松賞地域交流将棋大会(平成26年11月3日実施)

尼崎近松賞地域交流将棋大会は、後援が兵庫県、尼崎市等ということもあり、公共性があるとともにパンフレットの配布・新聞広告等により参加者を募集しており、不特定多数の人を対象にしていると判断し、当財団の事業である社会福祉と合致しているゆえ、理事会の総意の下、助成している。

参加人数 198名
主催 尼崎将棋普及実行委員会
後援 公益社団法人日本将棋連盟、兵庫県、尼崎市、尼崎市教育委員会、公益財団法人尼崎地域産業活性化機構、毎日新聞阪神支局
特別協賛 財団法人尼信地域振興財団、公益財団法人尼崎市総合文化センタ一、尼崎倶楽部

尼崎近松賞地域交流将棋大会

  
pagetop